「工房あまね」ソーラークッカーへの思い

「工房あまね」は2002年にソーラークッカー製造を目的として生まれた事業所です。

OA機器開発設計から脱サラし農業に転じた私が、魅力に取りつかれ再度挑んだものつくりのテーマがこれです。

様々な方のご協力とご支援をいただき、太陽熱を利用した実用調理器として現在の「かるぴか」「おやぴか」があります。

紆余曲折ありながらも改良を続け、3,400台を出荷し現在にいたりました。

 

 コスト高でも 総アルミ製のボディーを採用したのには理由があります。

ご購入頂いたからには、愛着をもって傍らに置き長く使って頂きたい、そんな作り手の思いが込められています。

日常的に使う道具ならば性能はもちろんのこと、耐久性と扱い易さが伴っていることが大切だと考えたのです。

その造形や質感にこだわったため敢えて量産手法をとらなかった、工房らしい作風を感じていただけることと思います。

 

 「かるぴか」は、一般家庭使用だけでなくエコ学習会など、ハードな使用でも10年以上使用されて来た実積があります。

また、震災原発事故後に多くの方から「家庭でできることから自然エネルギーに取り組みたい」と選んでいただけたのは、私にとって忘れられない 経験です。

晴れた日であれば日なたにポンと置くだけで炊飯が30分で出来てしまう。

開発中に初めて太陽熱沸騰を体験したとき「これはエネルギー革命だ!」とすら思えました。 

「太陽ってスゴイ!」この感動を共有しましょう。

「かるぴか」「おやぴか」は、太陽の恵みの実感、痛快さ、そして新しい食体験をご提供します。

 

2015年11月1日 工房あまね 代表:滝沢本春

 

工房あまねの案内

 

事業概要

項目 内    容
屋     号 工房あまね(Amane studio)
所在地(工房) 〒384-2102 長野県佐久市塩名田1138-1
所在地(事務所) 〒384-2101 長野県佐久市桑山356-3
Tel.0267-51-5430 Fax.0267-51-5431
代表者 滝沢 本春
事業内容 治具設計・製造 ソーラークッカー製造・販売
事業設立 2002年6月
取引銀行 ゆうちょ銀行 八十二銀行
主な取引先 ケニス株式会社 株式会社ナリカ 株式会社ヤガミ

 

沿  革

年月 内    容
2002年6月 長野県北佐久郡浅科村にて、ソーラークッカー製造・販売を目的として起業
  「きらぴか」KP8A型発売
2003年9月 「かるぴか」IP8C型発売
2004年1月 治具設計・製造業務を開始
2004年4月 「おやぴか」OP13A型発売
2005年11月 工場を佐久市塩名田に移転
2006年7月 スペイン グラナダでのソーラークッカー国際会議参加 デモンストレーション
2007年7月 ネパール カトマンズでのソーラークッカーアジア会議参加 デモンストレーション
2010年2月 フィジー SOPACと工科大学にてソーラークッカー設計手法のプレゼンテーション
2011年8月 香港馬ワン公園にてソーラークッキング講習とデモンストレーション
2012年12月 「おやぴか」をOP13B型にマイナーチェンジ
2014年7月 アメリカ サクラメントでのソーラークッカー国際会議参加 デモンストレーション
2015年11月 第一回ソーラークッカー全国大会にて基調講演 デモンストレーション

「工房あまね」メディア掲載の紹介
2002/12/2 朝日新聞

2002/12/2 朝日新聞

2011/09/03 朝日新聞

2011/09/03 朝日新聞

2003/07/18 山梨日日新聞

2003/07/18 山梨日日新聞

最新ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 2424
昨日 : 3030
今週 : 210210210
今月 : 709709709
総計 : 2682826828268282682826828
平均 : 4545